俺はアルファをこう乗る

画像
東京スペシャルインポートカーショー2008
行ってきました幕張メッセ !
そして初公開これが私の車~2008!
「ウエストコートスタイルコンテスト」ってやつに 一応出場したけど、「入賞したい」、とかじゃなくて利便性。参加費1万円でチケット2枚つき、駐車場代込み会場内に駐車可能ってオイシくね?
もちろん他の出場者は街宣車まがいの大黒仕様、チンドン屋かトラック野郎まがいの車ばっかりなんで、
はっきり言えば俺のは浮いていました。

少し離れた所で自分の車に対するギャラリーの反応を 見てましたよ!
すると、 何で「アルファにメッキホイールだってよ~www」なんて知った顔で指摘する輩もおりましたが、その人の感覚が遅れているだけと思います。

一番多かった反応 。
カップルで彼氏は俺の車は素通りして周りのズンドコ仕様に目がキラキラ彼女はふと俺の車の前で足を止めるって感じ。
それでいいんです 。
日本人、特に女の子は車にまったく興味がないわけ。このまま行けば車趣味は一部のカルト集団向けになっちゃう。そんな車に興味がない人に興味を思ってもらいたい、それが俺の狙いですから。
一応コンセプト説明しておきます 。

定番や決まりを無視した掟破りのアメリカ未上陸車のLUG仕様。
「アルマーニ」や「ヴェルサーチ」など テーマは「イタリアンデザインを嗜む趣味を持つアメリカ人がアルファロメオに乗ったら」
内装は成金ちっくにヴィトンモノグラムのワンポイントもちろんバックを切って貼ってますが、全ての女の子に「切るくらいなら私にちょうだい」と言われます。
サーキットや秋葉原が似合う「いじりアルファロメオ」が渋谷や六本木が似合うアピアランスへと変身したと思います。
ハデハデなショーカー仕様ではなく、 通常使用がこなせる程度に抑えている点もポイント 。
とかくショーカーと一般車の格差が広がり、ユーザー離れが広がる昨今、見た人に「これくらいなら俺もできる」と思って頂けるノーマルからドレスアップの架け橋になれる車になればと思っています。
事実、ショーは危機感を感じさせる程、客が入っておらず、閑散としていました。
出展者も俺が前の会社で出展してた頃に比べて大幅に減って、幕張メッセ内はパーティーションで仕切って空き空間を塞ぐというありさま。
※この回が最後でショー自体消滅。
自動車業界のおかれた状況をまざまざと感じさせられました。

自動車業界に15年も居て、衰退を感じて業界を離れたわけだけど、ホンと悲しくなる程酷い状況。

なぜ衰退したか、答えは知ってるけど、耳塞いで聞かないようにしてる自動車業界人がほどんどなんだよね。

あと自動車用品業界は儲け過ぎていた。ユーザーを騙し続けていた。通販が主流になって原価と嘘がバレちゃってお客さんが離れたんですね。

だから俺も離れたんだけど。

今回のショーで一番心に刺さった物 は札柄ホイール!
万札柄なら関西系のノリの方が買うんじゃないかな 。

主催者発表で入場者5万人って信じられません。日本は世界1、2を争う自動車産業王国にも関わらず、ほとんどの人が車に興味がないと言うとても変わった市場なのだそうです。車に熱狂する…とは言わないが、せめてアメリカやヨーロッパのように普通の人が普通に車の話をする日常がある日が、日本にやってくる事を願わずにはいられません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのトラックバック