GSX1100S ドッタバタユーザー車検⇒構造変更ヘ

車検切れまであと1週間、その間取れる休みは2回。全集中、全速力でやっと全て元通りに戻せた。そんなギリギリまでダラダラしたお前が悪いと言われそうだが、原因はコロナ禍である。うちの娘はまだ保育園。バイクをいじれる時間は平日の9時~16時まで。おまけに緊急事態宣言が出ている間は、自宅で保育してくれとお達しが出た為、まるまる1ヶ月は触れなかった。私は娘をほったらかしてバイクをいじる程落ちぶれていない。半年ぶりにエンジンを掛けると1気筒死んでいる症状が発生。なんと恥ずかしながら納車に満タンにしたガソリンを2年間使い切っていない。で、ガソリンを腐らせてキャブを詰まらせてしまったのか?急いでAmazonでオーバーホールキットを注文。
K&F cabreter [GSX1100S刀(GS110X)SL/SSL] キャブレターオーバーホールキット 1気筒分
K&F cabreter [GSX1100S刀(GS110X)SL/SSL] キャブレターオーバーホールキット 1気筒分
1日くらい余裕が欲しかったなぁ。この時はキースターまではいらないだろうと思ったが、やはり調整できるようキースターにしとけばよかった。キースターだとチョークプランジャーも付いてくるからね。自分が使った物は全然悪くなく、精度や作りは抜群だった事を記しておく。次の週、キャブはサクサクバラせたが、オーバーホールしたような形跡はなかった。ゴムのプラグも交換した形跡はなくカチカチ。納車備考欄に「キャブOH」となっていたが、一体何だったんだろう。「オーバーホール?オゥだよ!」とか言い訳するんだろうか?キャブを戻して祈るようにエンジンを掛けるが、症状は変わらず…。生ガスがマフラーで燃えるのでアイドリングでパンパンと派手な音が出る。アイドリングを上げるとその症状が治まる。ダメだ。明日車検日。これで車検に行くしかない。あとでこの事をフェイスブックに書いてえらい炎上した。私は自動車ではもう20年以上ユーザー車検で、自分の車を含めて仲間の車も何台も通している。フェラーリも自分で通した。車の世界では、車検に関わりない所が調子が悪くてもそのまま持っていく事が通例だったので、こんなに反感買うとはちょっと拍子抜けだった。試験場に行く時も高回転では「ぐるるるー」「パパパパパパーン」と全く回転が上がらずスピードも出ない。はっきり言えば乗るのが恥ずかしい。2ラウンドを予約したが、雨が降りそうな為早く出た(この後令和2年7月豪雨)為全然早く着いてしまった。受付は10時から。書類を用意し、記録用紙をプリントしようとしたら、10時から印刷可能との事。仕方なくテレビでも見て待つ事にした。10時になりプリントアウト、「2輪は2番レーンです」車では何とも思わなくなったが、2輪は初めて。えらい緊張してきたぞ…。
20200702_102722.jpg
2レーンの先頭に付けると、1ラウンド中だが用紙を出してとの事。1ラウンドが暇だったようで「入っていいよ」と言われ1ラウンドで受ける事に。ライト上下、ホーン、ストップランプ。ハンドルロックは練習していったのに結構手間取った。あれ、蓋を開ける位置が逆だと鍵の形状の関係で押し込めないんだよね。
検査官がメジャーでハンドルの幅を測る。
検査官「あれ?全然違うなぁ。これハンドル交換しました?」
私「はい」
検査官「このまま通す事もできますが、車検有効日が今日からになります。それか元に戻すかどちらかですね」
私は生涯セパハンに戻す事はない。このまま通す(構造変更)と答えると、ラインに入った事があるか聞かれて、2輪は初めてだと伝えると「では、バイクの場合も全てユーザーさんに行って頂きます。バランスを崩しやすい所もあり、バイクを倒してけがをされる方もいらっしゃるので十分注意してください。それでは前へどうぞ」カタナが来てから全然乗ってないので乗り慣れていない…。最大緊張。「これ、メーター前ですか?」「はい」テスターは検査官が押してくれた。バックファイアーが起こらないようテスターに乗せる、と「パン!」
げっ!
検査官「大丈夫ですか?調子悪いんですか?」
俺「いやぁ、ちょっと吹かしすぎたかな??」
などと誤魔化す。ドラムが転がりバイクが左右に振られる。おっとっと、40km/hちょい過ぎで足を話す。テスターは「×」
検査官「あれ?ちゃんと40km/hで足離していますか?」
やばい、こんな所で引っかかるとは予想外。2回目も「×」げー。やばい。
検査官「前に出して下さい」ドラムを超えると機械にガッチリ前輪を掴まれて光軸テスターがやって来る。テスターと暫くにらみ合う独特の時間…「×」
あちゃー。マジかよ。
検査官「マフラーの証明書はありますか?」
俺「ありません」
すると検査官は総合判断所へ。検査官同士がやり取りしている…。
検査官「では左のラインに移って下さい。測定を行います」車検証の記載事項が変更になるので、全て計測し直しますとの事だった。高さはカメラで測定、その後重さを測定。幅と長さはメジャーで測定。諸説いろいろ言われているが、幅はバーエンド端からバーエンド端までを測っていた。その後ライン横の部屋に入れられて書類を書かされる。「ハンドル変更の為、構造変更」と。その後えらく待たされる。データがないようだ。
検査官「これは並行輸入車ですか?」
俺「一応そのくくりですね」
検査官「少しお待ちください」

本館へと走って行った。30分程待っただろうか。
ヒマなので写真を撮る。
20200702_104202.jpg


検査官が本館から走ってきて「騒音測定の回転数がわかりませんでした。4250rpmで測定します」
え?旧いバイクは測定しないって、ただのデマだったのね。やばい何も対策していない…けど集合らしくない静かさなので通るだろうと勝手に確信する。マイクをセット。
拾った画像だけどほぼこの写真通りで測定開始。
WS000203.JPG

検査官「それでは失礼します」アクセルを回す。俺「バックファイアー出ませんように…」
ぐもももももも~。
あー明らかに1気筒死んでる音だ。数字はどんどん上がって行く…4250rpm!頼むっ!
数字は「99db」!
検査官は「あれ?」と言う顔をしている。
すると「もう1回測ります」
えー、心臓に悪い勘弁してー。
ぐももももももーーー。
「99db!」
検査官「ぎりぎりですね」
多分このマフラーは通らないと踏んでいたんだろう。ちょっと拍子抜けているようだった。違う機械をセットしている。
えーまだやんの?もう良いじゃん!
今度はマイクじゃなくて、エンジンにセンサーを貼り付けて、検査官が棒状の何かを持っている。機械の名前がわからない。棒状の物はエンジンの回転数が出るようだ。エンジンの回転を上げて数個のLEDバーが緑から赤になったらアクセルを戻していた。結果は99db。これを2回繰り返してようやく諦めてくれたようで「騒音はギリギリ合格でした」と解放された。やっぱり落とす気満々だったと思われる。後後調べたら、マフラーに関してはゆるいどころかとても厳しく、社外マフラーの証明書なしは徹底的に調べられるので完璧に対策をしていかないとかなりの確率で落とされる事がわかった。1気筒死んでいて助かったようだ。
さて、総合判断。スピードメーターは50kmくらい指している(+10km)との事。光軸は19cmずれているとの事で治してきて下さいと告げられる。光軸はすぐ前の行政書士事務所へ持ち込む。良く見るとカウル穴からキチンとヘッドライトが出ていない。ヘッドライトがカウルに押されて下がっている。これじゃ低すぎるわけだ。焦って組むとろくな事がない。カウルを下へ叩いてヘッドライトをカウル穴から出すとあっさり基準値に収まる。自分で合わせたのは合っていたわけだ。1650円の無駄。
スピード。これはヤシるしかない。30km/h前後で離せばいい。車で落ちたらみんなやっている。炎上ネタだがプロならだれでもやっている事である。では再度ラインに入る。
「再検です」と告げると、あ、あの爺さん!前プジョーの車検の時に下に呼ばれて「マフラーが車体と接近し過ぎているから治してこい」と言われた、60前後の爺さんが近づいてきた。やばい。怖いんだよなぁ。
書類を見せると無言で前へ行けと指さす。相変わらずの無骨さ。スピードメーター。爺さんはぴったり俺の横に付いている。あーまずい。メーター読み35km/hくらいで足を離すと、
「早い!ダメ!ダメ!もう1回!!」
そうですよねぇ。2回目は針に全集中!40km/hになるかならないかの瞬間に足を離す!
「〇」
爺さん…無言で前に行けと指指す。
光軸はあっさり「○」。

かぁーーー良かったぁ。
爺さんはガチャコン記録してくれて無言で総合判断の所へ行けと指さす。
よかったぁ。やっと終了。
「お疲れ様でした。構造変更なので証紙を300円分貼ってこちらにお持ちください」
自動車会館で証紙を購入し、総合判断へ行くと本館の「登録」のカウンターに行くよう指示された。
新しい用紙に記入し、提出。
「○○さん、お疲れ様でした」
やったぁ!やっぱりいつになってもこの達成感はうれしい。
幅は85cmになっていた。正々堂々、身も心も耕運機になった瞬間である。
と、まぁいろいろあったが、2年間公道を走って良いよ、の許可を頂いたわけである。調子が悪くても。
ここでまた炎上ネタを放り込むわけではないが、車検って調子悪くても通るのよ。だから車検出したばっかりなのにすぐ壊れたとか言ってる人、関係ないのわかるでしょ?
価格は全部で2万弱。ほぼ自賠責保険の価格である。
はぁ。次はもっと余裕を持って挑みます…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い