テーマ:モデファイ

GSX1100S 耕運機ハンドル装着!

夢にまで見たカタナが来たにも関わらず全く乗る気がしない…それはこのポジション。納車の日は嬉しくて麻痺していて2時間くらい乗り回したが、首と腰が壊れた。次の機会は30分で限界、次の機会は15分が限界。ついには乗るのに躊躇するようになった。楽しいどころか「苦行」としか思えない。どれくらいキツイかと言うと土下座した姿勢で頭を上げている状態と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンボキャリパーカバー 取り付け!

純正で15インチも履けるプジョー307。 そこから5インチアップの20インチ! 当然ホイールの中はスッカスカでブレーキキャリパーが軽自動車みたいに見えて 弱々しくなんとも情けない。 ま、インチアップの発端ってそもそも大きいブレーキを入れる為だったからね。 純正キャリパーに色塗るなんて、なおさら貧乏臭くなるし絶対イヤ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プジョー 307 ホイール 究極のインチアップ!

また今まで経験した事なんかをずらずら書きますんで 長文お許しください。 ホイール交換と言えばその人の車に対する方向性が最も顕著に現れるところ。 靴と同じくスポーツしたい人はスポーツシューズを履いたり、おしゃれしたい人はブランドなりデザインに凝るわけです。 で、俺はと言えば再三言っているようにプジョーからスポーツの臭いを消した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルミホイール 海外通販 個人輸入の方法

ま、純正のままって方も多い中、アルミホイールの交換はドレスアップの基本中の基本。 こちら雪が降る地方では夏用の他にスタッドレス用を1セット持っていなければならないので、純正ホイールにスタッドレス、サマータイヤにアフターメーカーのホイールってな具合に割と多くの人がアフターメーカーのホイールを履いています。 国産車なら星の数ほどあるホイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットで売られている車載モニターの事実?!

車に液晶モニター、もう軽自動車でも当たり前の装備である。 カーナビから始まって、ミラーモニター、ヘッドレストモニター、サンバイザーモニター、インダッシュ、オンダッシュ、埋め込み、フリップダウンモニターなどなど、一昔前は後ろから見るとヤマダ電機のテレビ売り場みたいなカスタムも流行った。 定員以上の数を付けるのはバカみたいなんでさすがに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒粉脱出!プジョー307 ブレーキ交換の巻!

輸入車の悩みの定番と言えばこのホイールを汚す黒いブレーキダストだろう。 掃除しても掃除しても近所のコンビニ往復でもう薄っすらホイールが黒くなる。 「ブレーキが効く証拠」なんて昔のディーラーマンは逃げてたけど、どっこい、 仲間の無頓着無洗車Newビートルのホイールが全く汚れていないのにびっくり ドイツ勢はこん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プジョー307 ホーン交換!

昔の国産車はホーンがちゃっちかったからみんな交換したもんだけど、 最近量販店の売り場を見ると種類が少ないとこみると交換する人少ないんでしょうね で、なんで俺がホーン交換するかって言うと、このホーン 以前所有してたフェラーリ348から取った本物のフェラーリ純正だからなんです ごめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶品! プジョー 307 アームレスト装着!

プジョー 307は本国では1.4L、マニュアルミッション、エアコンなしなんて言う仕様がある、もともとカローラクラスの車。 CCは新車で乗り出し価格が500万円に迫らんとする価格だが、それは後からいろんな物が付いた価格で 基本的なつくりはあくまでカローラ。 前に乗っていたアルファ159は元々高級車として作られていたから、いろいろバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プジョー307CC ウインドディフレクターがほしい!

オープンカーで開放感と引き換えに悩む事…その一つは風の巻き込みでしょう。 自分だけ乗ってる時はいいんだけど、となりが女性だったりすると、髪の毛がとっちらかっちゃって、 「屋根を閉めて」なんて言われかねないくらいかわいそうです。 307CCは4座のオープンだからこの風の巻き込みが激しいのです。 後ろから前へ風が吹くと結構気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プジョー307CC 彫心鏤骨のローダウン!!

車の状態が酷く、初期化しなければならないことは山ほどあるが、 この車を安く手に入れた一因として車検がほどんど残っていなかった事がある。 んでもって車検を受ける前にローダウンを済ませておく。 車検の前にローダウン? 不思議に思うかもしれないが、 車検の時にヘッドライトの光軸調整をやるので、車高が低くなった状態で光軸の補正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プジョー 307 DIYや整備やレストア参考書

車をいじるに整備書は絶対あった方が良い。 バラす相手がわかっていれば精神的に余裕が生まれる。 昔はおっかなびっくり引っ張ったり工具を差し込んでいろいろ壊したりしたけれど、整備書があればそんなミスを犯さなくて済むわけだ。今はインターネットで何でも手に入る良い時代。 車を手に入れたら必ずDVDやらCDのワークショップマニュアルを入手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more