プジョー 307 ホイール 究極のインチアップ!

また今まで経験した事なんかをずらずら書きますんで
長文お許しください。

ホイール交換と言えばその人の車に対する方向性が最も顕著に現れるところ。
靴と同じくスポーツしたい人はスポーツシューズを履いたり、おしゃれしたい人はブランドなりデザインに凝るわけです。
で、俺はと言えば再三言っているようにプジョーからスポーツの臭いを消したい。
ラテン系で走り屋風にいじるとどうもオタク臭が漂う。あれが嫌だ。
しかし、プジョーに履けるホイールを普通に選ぶとすると、OZだのスピードラインだの、履いた瞬間没個性になる選択ばかり。
選択肢を阻む最大の難関は今時4穴でオフセットが少ない事。
昔のプジョーはセンターボアも開いてないなど、本当になんでそこまでひねくれる必要があるのってくらいへんてこだったが、まだ根強くへんてこりんなこだわりが残っていると言うわけ。
PCDは108なので5穴にすれば飛躍的に選択肢が広がるってのにね。
履けるかは別としてフェラーリも108、5穴ですから。

誤解を恐れずに言えば、今日本で熱心に自動車趣味をやってる人は40代より上だろう。

小さい頃スーパーカーブームがあり、バブルの頃のスポーツカーブーム経験者である。
ま、俺もそんな頃をもれなく経験したわけですが、この世代は競技車に使われる部品が一番って言う思い込みが刷り込まれてしまったわけです。

バブル時期もてはやされたホイールならBBS,レイズにスピードスターってとこでしょうか?

ずっと若い頃から車趣味やってるおっさんはいまだにBBSを履きたがってませんか?

BBS。俺も履いていた事もある。しかし今はアンチBBS派。大っ嫌いと言ってもいい。

まず、デザインがダサい。履くと一発で車が古臭く見えてダサくなる。
成金の金ピカロレックスみたいに、「あーあ」みたいな感じ。
クオリティが高いのは認める。
ブリヂストンタイヤとの組み合わせならホイールバランスのウエイトをほとんど付けなくても
バランスが取れるほど回転バランスが高い。

しかしね、こんな事、純正ホイールだってそうですから。
大半のアフターメーカーホイールのクオリティが低すぎるんです。

でもね、お店で売ってるホイール、普通に使えるでしょう?
皆がみんな公道でレースやるわけじゃないって事なんです。

競技用ホイールが性能が一番かと言えばそんな事はないですよ。
公道で使う分には純正のホイールが一番かもしれない。

舗装がピカピカに磨かれた鏡のような面一のレース場で1レースだけ持てば良い競技用ホイールとデコボコ道もある、砂利道もある、雨、風、汚れに何十年と耐えなければならない、へたくそ運転にも耐えなければならない。
そんな点から言えば純正ホイールがいかにすぐれているかわかるでしょう?

軽ければ軽いほど良いって刷り込まれてる人もいるけどそれもレースの話。
ぺらぺらに軽くして強度が著しく落ちてるホイールも存在する。
ポルシェのRUFとかベンツのチューナー系のホイールは持ってみると意外に重い。
走り屋の後輩は「高いだけじゃん」なんて笑ってましたが、
これは超高速で走る場合は重い方が直進安定性に優れるって理由からです。

フェラーリ乗ってたとき、お友達に競技用のマグネシウムホイール履いてる人居ましたけど、ぱかーんて割れましたよ。
買ってそんな経ってないのに。
そんな耐久性しかないんです。

んで、そのF1で使用されてるとかを華々しくPRしているSMAPの仲居くんが大好きな「BBS」ですが、まず社風ってか態度が殿様を通り越して某国の将軍様級のありさまなのである。
かつては並行輸入品を偽物扱いして販社を訴えた事もあるんだから、いかにトチ狂ってたか想像に容易いでしょ?
ホームページを見てみると良い。
全面に渡る鼻につく文章もそうだが、BBS以外のホイールはクソだみたいな事が平気で書いてある。
びっくりするのが、社員もこうなのである。
俺が現役時代、バブルが去り、スポーツカーブームが去ってRV車がブームになった頃、パタリと売れなくなったBBSがセールスに来た事があった。
その時に限っていつも温和なホイール担当者が顔を真っ赤にしてそのセールスを追い返しているではないか。
びっくりして訳を聞くと、
「BBS様がきてやった。こんな事はめずらしいんだからありがたく思え」
「BBSホイールは別格だ。ここらに並んでいるホイールと一緒にするな」
「欲しいんなら売ってやる。但しオーダー入れても、こちらの都合で納期はいくらでも待たせるから覚悟しておけ」
こんな事を普通の顔して言い放ったそうである。
自信ある物作ってるかしんないが、人様に金を出してもらう側のこの態度はどう思いますか?皆さん?
この件から今後仕事、プライベート含め二度とBBSには関わるまいと硬く心に誓った。

※2012年に一旦会社が傾いたそうだ。こんな商売してりゃしょうがあるまい。

さてさて、そんなクソな思い出はこれくらいにして、俺の方向性はオープンカーなら、もちろんラグジュアリー。
ポイントは「高級ホテルのポーチに乗り付けて、ドアボーイが近づいてくれるか?」である。
これ、「こっちは客なんだから誰だって近づいてくるだろう」と思うでしょう?
ためしにきったない軽自動車なんかで行くと、まず早急にシッシッされるはずです。
高級車で行くとゆっくり荷物を降ろしてもお咎めなし。さらに玄関直前の屋根の下に停めさせてくれたりします。
こういうのを体験すると、頭の中で浜田省吾の「マネー~」がぐるぐるリピートするわけです。
古い?俺おっさんだから。

ま、そうは言うけど、前の車で履いていたホイールがもったいないのでそのまま付かないかって画策なんですわ。
もうね、俺、どうかしてたんですね。ラグジュアリーと言えばアメリカ本場モンで。
しかも「レグザーニ」とか安物ならそこらの中古レジェンドとかの兄ちゃんも履いてるし、人に羨まれても羨ましくないホイールが欲しいって事で「ASANTI」を買っちゃったんですわ。
どこのショップに相談しても売る気ないみたいなんで自分で本国に直接注文した入魂の品です。
しかしねぇ。俺、自動車関係に20年も居て、アメリカ製ホイールがどんだけクソかって身にしみてわかってたはずなのに、なんでこの時は自分で買おうなんて思ったのか今でも信じられません。
確かにASANTI,並のアメリカ製ホイールよりはクオリティは高いですが、そりゃアメリカ製の中での話し。
メッキホイールで日本一のクオリティを持つのはワークのホイールだと思うけど、ワークが10とするとASANTIは5か6くらいのクオリティ。そんなもんです。
でもキレてるデザインはやっぱりアメリカ。
ワークには逆立ちしても真似できないでしょう。

うーん、、、無理とわかっててても捨てるのももったいないし。

冗談半分でとりあえず車にあててみました!

するとどうでしょう!!!

8.5-20 +25のホイール、なんとこのまま履けそう!?

フロントはちょっとキツイっぽいけど、なんか良い感じ!

でも5穴 PCD 110のホイールをプジョーの108 4穴にどうやって付けるのか?

真っ先に考えるのはホイール側を加工してしまう事ですかね?

でもその手の加工をしてくれるショップに片っ端から問い合わせましたけど、
5⇔4穴の加工は既存の穴と新規で開ける穴が接近して危険なのでNGなのだそうだ。
あとメッキのホイールはメッキが剥げるから嫌だって言ってました。

じゃあ、車側を5Hに変えちまおうか?
いやいや、そんなの大工事。純正ホイールはもちろん、スタッドレス用のホイールをまた買わなければならないから現実的じゃない。

うーん…。だと4→5穴チェンジャー?

これ、俺が現役時代、割れたとか言うトラブルを散々聞いたんでなんか気が進まないんだよね。

自分の記憶を辿ってこの手のスペーサーを作ってたところに問い合わせたけど、やっぱり5⇔4穴の変換スペーサーは強度に問題があるから、って販売を止めてるとこが多かった。

ちなみに既製品だとこんなのもあります。


DONEL プジョー 専用ホイールPCD変換スペーサー 4穴 108→100mm 15mm厚
カー用品のe-フロンティア
プジョーの特殊なPCD108を100に変換する事により、ホイール選択の自由度が広がります。donel


楽天市場 by DONEL プジョー 専用ホイールPCD変換スペーサー 4穴 108→100mm 15mm厚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




スペーサーって言うと眉をしかめる人もいるけど、外国じゃ普通です。
これも大昔、粗悪品が横行してたせいで割れるとかのイメージになっちゃったんですね。
カタログに書いてないけど、注文するとPCD変換スペーサーが入ってるホイールなんてのもあるし、昔履いてた「ボルクレーシング グループC」ってホイールなんかホイール側は一緒で車側はスペーサーでマッチングさせてたんですから。
画像


そんな中「ウチの商品は自信がありますから」って引き受けてくれたのが、
城北ヨコハマタイヤサービスだった。
その商品は「ITKホイールアダプター
この(株)アイ・ティー・ケーって会社、HPがあったので見てみると、バリバリの鉄工技術集団のようで、ハテは医療機器の精密加工までやってのけるまさに匠の集団のようだ。

5⇔4H変換スペーサーは20mmからしかできないとの事でお値段は結構張る。
強度を保つ為に重くなるそうで、軽くできるジュラルミンでも製作可能だそうだが、お値段はさらに張るしね。
でも俺、レースするんじゃないし。
しかしホイールを捨てなくて良いのだから、お願いするしかなかろう。
ハブボルト付きもオーダーできるそうでついでだからハブボルトを立ててもらう事にした。
だってやっぱりボルトが車から出てた方が取り付けるの楽だもん。

注文して3週間後ブツはやってきた。

見てびっくり!!

これはすごい
20年近く車の部品ばっかり見てた俺が言うのだから信用してほしい。
画像


さすが、鉄工の匠の商品、日本の技術って本当にすごいと舌を巻いた。
もはやこれは商品ではなく作品だと思わされた。
精密腕時計の中身を見た時って言えばわかるかな?モノから並々ならぬオーラが放っていると言うか、
全ての部品に至る隅々に渡る美しさは完璧である。

4→5穴はどう変換させているのか?

これも見事である。

穴が交差する箇所は、まず頭がごく薄いハブボルトで車に装着、その上からハブボルトがついた
ボルト?!(写真見て)で蓋をするのである。見事。
画像


各パーツは美しく精度が高く「大丈夫か?」なんて不安な気持ちには一切ならない。
画像


フィッティングはどうか?
俺はハブを立ててもらったので吸い込まれるようにフッティングする。

ホイールアダプターが付けば後は普通にホイールをつけるだけ!
国産車のようにハブボルトがついてるから取り付けは楽チン楽チン!

どきどきのジャッキダウン!

ははは…。やっぱり。

スペーサー分2cmガッチリはみ出しているではないか。

このあたりの警察屋さんははみ出しタイヤは特に厳しいからこのまま走ったら即逮捕。

こんな時はグリグリ、「フェンダー爪折機」で出すんですよ!!
最近のショップは有料で貸してくれるんですよね!
ヤフオクでもあるから探してみてください。
画像


そーれ、ぐりぐり。

おー、面白いようにどんどん出てくるぜ!

「めりめり」

あ…調子に乗ってたら塗装が割れました
気をつけましょう。

フロントはどうするか?
フロントフェンダーは樹脂で出来てるんでこの方法は使えない。

うーん…。

あ!そうだ!

まず、フェンダーの「ツメ」をカッターでざくざく切ります!
樹脂だからサクサク切れます。切りすぎはくれぐれも注意。
中古車だからなんでもありだね。
「ツメ」つまり折り返し部分が無くなるとペナペナになります。

そしたら、インナーカバーとフェンダーの間にゴム片をかます!!
画像


するとゴム片の分だけ、フェンダーが外側に出っ張り、あら簡単、即席ブリスターフェンダーの出来上がり!
ぐにゃぐにゃしてる樹脂フェンダーだから出来る裏ワザですね。

さーて、これで見事、20インチプジョーの出来上がり!

早速試乗だ!

ゴゴゴゴゴ!!ガガガガ!ザクザクザク!!

あー…当たってる…

神様はそんなに簡単に許してくれないってわけか。

タイヤは245/30 20、外形は655mmプジョー純正サイズより2cmもデカイんだもんね。
そりゃ無理もない。

素直にタイヤを替えよう

20インチの最小サイズは215/30R20なんてとんでもないサイズで流通サイズではない。
各メーカーが申し合わせている「こういうサイズのタイヤを作りましょう」ってサイズにのってない文字通り「規格外」のサイズってわけ。
ナンカンとトーヨーしか作っておらず、これなら両者目クソ鼻クソ。
ブランド崇拝をすっぱり捨ててアジアンタイヤのナンカンを購入。
だいたいこんなホイールじゃ走りもへったくれもないからね。

しかしなんつっても激安!4本4万ですぜ!まぁ日本でのタイヤの値付けが高すぎるだけなんですが。
オートウェイ万歳です!
送られてきたタイヤを見て唖然…。
画像


サイドウォールが1cmくらいしかない…。
画像


こ、これは走れるんだろうか?

超楽観人間の俺もさすがにビビる。

8.5Jに組んだら超引っ張りタイヤになっちゃいました。
あー…こういうのVIP臭くて嫌いなんだけどなぁ。

タイヤ外してみるといろんなとこが当たって削れてました。

画像


装着完了!これはさすがにやりすぎ感漂いますが、まぁ廃品再生が目的ですから良しとしましょう。
画像

こんなチャリンコみたいなタイヤ、めちゃくちゃな乗り心地を覚悟してたら、245のピレリPゼロネロより乗り心地が良くて快適!
相変わらすピレリタイヤってクソなんですね

さてさて、こんな感じでとんでもないアピアランスを手に入れたわけですが、ま、やりすぎですよ、こりゃ
画像

普通に走っててもリムが当たるんですから。当たり前ですよね。
画像

でも良いんです。ボロボロになれば捨てる覚悟もできるでしょうから。

しかし!ホイールスペーサーはここまでお金を出せるなら絶対おすすめです!
先にも書きましたがプジョー用と証して5穴にするスペーサーを同梱して5穴のホイール売ってるメーカーもありますから!

ちなみにこのアダプターを扱っている「城北ヨコハマタイヤサービス」さんですが、
終始素晴らしい対応を頂き、これは特筆に徹します。
巷には「輸入車歓迎!タイヤホイールの事はなんでもご相談ください!」なんて掲げている店は溢れていますが、実際相談すると輸入車はドイツ車だけ対応で、他車は露骨に追い払おうとするのが普通です。
私も数々の店で相談しましたが、大抵の店はわからないだの、データが無いだの言って、煙に巻いて追い払われました。
しかし、この「城北ヨコハマタイヤサービス」さんは、終始「なんとかしましょう!」という姿勢で接して頂き実に頼もしかったです。
このスペーサーも実はプチトラブル(付属品について)があったのですが、こちらが恐れ入るくらい真摯な対応をして頂き、お店の対応としては完璧でした。
正直、次にホイールを買う時には店に行って買っても良いと思ってるくらいです。
適当なヤンキー上がりが多いタイヤショップばかりと思っていましたが、車関係の買物で久々に気持ち良い買物ができましたよ。

話はそれましたが、プジョーのPCD108mm 4穴を 国産の114.3mm 5穴に変換すればめちゃくちゃホイールの選択肢が広がります!!
プジョー307のオフセットが+31ですからホイールアダプター分の20mm足して+51。
タイヤは17インチなら215/45R17、18インチなら225/40R18。
実はこれ、業界で言うと超がつく「ゴールデンサイズ」です
「ゴールデンサイズ」ってのは非常に適合車が多く、人気ホイールなら常に欠品、
変なホイールでもいつの間にか売れてしまうという文字通りお店側から見れば金、「ゴールデン」なサイズです。
ホイール、タイヤとも価格が非常にこなれていて、文字通り星の数から選べますから、ホイールアダプター価格分も長い目でみれば償却できるはずです。

さてさて、あなたはどちらを選びますか?!
なんて、こんなアホな事してんの俺だけか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック